ニトリの6折マットレスは軽自動車、ハスラーの車中泊に好都合。寝心地問題なし!リーズナブルで災害時にも活用可。

車中泊
スポンサーリンク

ニトリのマットレスが簡易車中泊ベットに

インターネットの力は素晴らしいです。
今回は軽自動車で車中泊を行っている諸先輩方の情報を元に真似をしてみました。

車中泊を快適にするには寝床が重要。でも布団を毎回持ち込むのもめんどくさいですし抵抗があります。(ってか我が家はダブルベッドなので最初から車載は無理なのですが)

約2,990円のニトリ「6折マットレス 3cm厚 シングルサイズ」が折りたたんだ状態でラゲッジスペースにピッタリ収納可能。また広げても軽自動車の車内枠にピッタリなのです。
軽いものですから常に載せておけますし、とにかく安価なのも魅力。

ニトリ「6折マットレス シングル (3cm厚)」2,990円(税込)※投稿時時点
サイズ :幅97×奥行197×高さ3cm
素材 :ウレタンフォーム
重量:約1.35kg
洗濯:不可

3cm厚と薄いが「6つ折り」が重要なポイント

3cm厚でマットレスとしては、やや頼りないですが「6つ折り」が大変都合がいいのです。
上の写真でも分かるように折りたたんだ状態でハスラーのラゲッジスペースにピッタリ入ります。

なんと便利なのでしょう、測ったかのような専用感!
ホンダ N-BOXを所有する車中泊ユーザーさんの中でも有名です。

私は車中泊専用マットレスとして購入したので普段からトランクに乗せっぱなしです。荷物が多くなることが分かっているときには下ろしますが、ほとんどが2名乗車なので後部座席が空いていれば積載量に問題ありません。

ハスラーはフルフラットにならないけど、どうにかなる

ヘッドレストを外しシートを倒すことでフラット形状になりますが、ハスラーは完全フラットにはなりません。運転席・助手席のシートに段差ができます。
ちなみに2名で車中泊しますので運転席・助手席ともに倒しています。

上の写真の様な状態ですのでマットレスを敷いたとしても運転席と助手席の間に空間が出来てしまいます。この場合は手軽なクッションを間に入れたり、横幅が大きめのクッションを枕にすると違和感も少なくなり寝られます。

ピッタリ オブ ピッタリ!ただし薄い

横幅も縦幅も車内にピッタリ収まり、中央のクッションは枕に使います。
これは、毛布を入れられるクッションカバーです。

クッションの中には部屋で使わなくなった毛布が数枚入っています。想定外に寒いときなどは毛布を取り出せばいいですし問題ないならただのクッションです(笑)
中身によって枕の高さも調整可能。注目の便利アイテム。これも車に乗せっぱなしです。

厚さ3cmのマットレスでもシートのゴアゴア感が低減され思った以上に快適に寝られます。ただそのまま寝るのは汚れ・質感等気になりますのでベッドパッド(パッドシーツ)「夏は冷感・冬は温感繊維」をかければ寝心地もアップします。
ベッドパッドも使わなくなったシングル用を再利用してます(ちょっと四隅のゴムが伸びてるけど)

そして寝るときには寝袋を使用します。
マットレス・ベットパット・寝袋の3重でぐっすり寝られます。

災害時にも使える車中泊セット

旅行だけでなく災害時にも車中泊セットは使えます。
マットレスと着替えぐらいは常備しておくのが良いかも。外出先での地震や在宅でも家具が倒れてしまった、、なんてことが起こるかもしれません。車に問題がなければ最低限なんとかなります。
それに布団は家からひっぱり出せないかもしれませんが小物なら取り出せそうですよね。

結局気持ちの問題だったりもしますが、分散収納は悪くないはず。

ニトリのマットレス、車中泊にマジで便利ですのでとりあえず車中泊を始める方にピッタリです。どんどんハマっていったら専用設計のベッドキットなどを揃えていけば良いのではないでしょうか。
私は使用頻度・コスト面からニトリのマットレスを使い続けると思います(笑)

良いものに出会えました!ありがとうインターネッツの先輩方。

ともひろ
ともひろ

夫婦2人、たまに行う1泊2日の車中泊ならニトリのマットレスで良いかなと思っています。急な来客時に部屋でも使えますね!

【車両データ】
車名・グレード:スズキ ハスラー X (2014)
カラー:キャンディピンクメタリック+ホワイト2トーンルーフ
2WD / CVT / エネチャージ / レーダーブレーキサポート / MR31S

平均燃費(エアコン常に使用):18.5km/l