バックカメラ取付のための事前準備。カメラ穴のあるハスラー純正ドアハンドルを購入!

パーツ紹介

ハスラーに 「Clarion メモリーナビゲーション NX501」をヤフオクで購入、DIY取付してから、バックカメラも付けたいなとずっと思っていました。

汎用のパーツを使えば安くカスタムができますので今回は純正部品と汎用のアフターパーツを使ってバックカメラ取付をします。先立って部品の購入を行いましたので紹介をします。

スポンサーリンク

バックカメラ取付用、純正バックドアハンドルが便利

ハスラーには純正でバックカメラを接続できるようにする便利な「カメラ穴」が空いたバックドアハンドルがあります。穴あけ加工も良いですが、綺麗にできないので純正品をディーラーで注文。

グレードによってリクエストスイッチの有無がありますので注意してください。私の場合は「リクエストスイッチ有」車両ですので対応したドアハンドルを注文しました。

ディーラーの担当者さんも実車を確認して間違いのないようにしていただきました。
こういったプロの目が入るという点でディーラーでの純正部品注文は大きな利点があります。

スズキ純正部品 バックドアハンドル 品番82850-50M30-ZUU

後日、キャンディピンクメタリックのカラーが映える部品を受け取ってきました。
塗装済みですので「今付いている部品」と入れ替えるだけ。

カメラ・リクエストスイッチ穴付きドアハンドルと、パッキンやプラスチックパーツが梱包されています。使う部品は使えばいいと思いますが、純正部品のバックカメラを取付けるためのバーツですので今回の場合では必要のない部品もあるかと思います。

「現物合わせ」で作業していくことにします。

右側にバックカメラが入りそうな「箱」がありますね。
バックカメラ自体の固定はステーの自作を考えています。純正バックカメラだと専用ステーが用意されているんだと思います。(いや、わからないですけど)

3,600円ほどで美しく加工されたバックドアハンドルが買えるのは楽ができて良いと思います。

Amazonでも純正部品が売っているみたいですが、自分の車両色・仕様などをよく確認した後での購入をオススメします。純正部品の業販割引はわずかですのでネット通販でもディーラーでも販売価格の差はほとんどありません。
何度も言いますがディーラーでスタッフさんにお願いする「お任せ注文」が間違いないです。

汎用バックカメラもAmazonで購入しました

Amazonで販売している汎用のバックカメラをひとつ購入。
黄色の映像ジャック(RCA接続/コンポジット入力で接続するタイプ)ですので、ナビに入力端子があれば取付可能です。あとはACC電源とバック配線に接続すれば使えます。

ガイドライン表示非表示切替・正像鏡像切替・防水処理・暗視性能・超広角水平160°/垂直120°レンズと問題のないスペックで、それがおよそ2,200円で手に入ります。タイムセールだと1,800円ほど。安いですね!

高性能なバックカメラのようにハンドル連動でガイドラインが曲がったりなど動く事はないのですが、それは別に要らないしガイドラインも表示させる必要はないかなと思っています。

後方確認ができればいい、高性能を求めてはいないのでしっかりと映れば良いのです。
また、バックカメラ取付の記事をアップしていこうと思います。

ともひろ
ともひろ

軽自動車でもバックカメラがあるとないとでは大きく違います。
リアル+ミラー+バックカメラでしっかりと確認です。

【車両データ】
車名・グレード:スズキ ハスラー X (2014)
カラー:キャンディピンクメタリック+ホワイト2トーンルーフ
2WD / CVT / エネチャージ / レーダーブレーキサポート / MR31S

総走行距離:約50000km
平均燃費(エアコン常に使用):18.0km/l